JR学研都市沿線・東大阪市・大東市の新築分譲住宅

ビレッタブログ

所有から利用へ

Date : 2015.1.6  カテゴリー :

土地の所有から利用へ

以下大阪府のデータベースより引用

土地の活用を活性化をはかるため、土地の「所有」から、「利用」を促進する方向への転換が必要である。

そのため、土地の資産的価値ではなく、共同の利用価値(公共性)を評価していく。

例えば、共有の緑をまもり・育てること、農地や森林の保全・整備へ府民が参加すること、公共空間の

確保に定期借地権を利用することなどを適切に誘導していく。

このように国・地方公共団体等が新たな都市計画・土地利用の形態として定期借地権を利用した

公共性の高い街づくりを推進しようとしていることが伺えます。

そうです、あたらしい常識で街をつくるにはこの定期借地権を応用するのが最も効率的なのです。

それがタイコーてがける緑豊かなのビレッタの街なのです。

 

_MG_05700004

カテゴリ

最近の記事

月間アーカイブ